Event is FINISHED

ラウンジトーク&ライブパフォーマンス vol.2「新たな語りへの挑戦〜深化する映像・アニメーション〜」

Description

お申込期限は終了しましたが、ご入場いただけます。

直接、会場(スーパー・デラックス)にお越しください。


ラウンジトーク&ライブパフォーマンス vol.2は、コンテストの部門を超えて、アート映像、アニメーション、ミュージックビデオなどの作家が集合します。 第1部では、アート部門優秀賞『Gill & Gill』『Wutbürger』審査委員会推薦作品『Voyage de Hokusai (北斎の旅)』を、第2部ではアニメーション部門大賞『Rhizome』優秀賞『Yùl and the Snake』そしてエンターテインメント部門新人賞『group_inou EYE」』を上映し、審査委員らとともに、制作や表現について、トークを行います。作家による自作の説明が聞ける貴重な機会です。

第1部

出演:

Louis-Jack HORTON-STEPHENS(アート部門優秀賞『Gill & Gill』)

KASUGA (Andreas LUTZ / Christoph GRÜNBERGER)(アート部門優秀賞『Wutbürger』)

しりあがり寿(アート部門審査委員会推薦作品『Voyage de Hokusai』)

モデレーター:

石田 尚志(アート部門審査委員/画家/映像作家/多摩美術大学准教授)

小出 正志(アニメーション部門審査委員/アニメーション研究者/東京造形大学教授)


第2部

出演:

Gabriel HAREL(アニメーション部門優秀賞『Yùl and the Snake』)

橋本 麦/ノガミ カツキ(エンターテインメント部門新人賞『group_inou「EYE」』)

Boris LABBÉ(アニメーション部門大賞『Rhizome』)

モデレーター:

石田 尚志(アート部門審査委員/画家/映像作家/多摩美術大学准教授)

小出 正志(アニメーション部門審査委員/アニメーション研究者/東京造形大学教授)


通訳:一部、日英・日仏逐次通訳あり。

定員:250名(定員に達し次第受付を終了させていただきます)。

※プログラムの構成および内容は変更になる場合がございます。


<第19回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展>

会期:2016年2月3日(水)〜2月14日(日)

会場:国立新美術館、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、スーパー・デラックス、セルバンテス文化センター東京

展示の詳細やイベント情報については下記フェスティバルサイトをご覧ください。

URL http://festival.j-mediaarts.jp


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-02-03 08:02:31
Thu Feb 4, 2016
7:00 PM - 10:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
スーパー・デラックス
Tickets
無料チケット

On sale until Feb 3, 2016, 5:00:00 PM

Venue Address
東京都港区西麻布3-1-25 B1F Japan
Directions
日比谷線/都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩5分
Organizer
文化庁メディア芸術祭20周年企画展
6,420 Followers